中村歯科医院

滋賀県愛知川の中村歯科クリスタルインプラントセンター。インプラント治療症例が2,000本を超える。

ホーム

医院紹介

メディア掲載

お問合せ(相談無料)

HOME»  義歯・入れ歯

義歯・入れ歯

症例1

治療前と治療後の写真です。よく見て頂くと分かると思うのですが、治療後の写真になると目がパッチリと大きくなり鼻筋がまっすぐのび肌が艶やかになっています。
ではなぜ?このように変化したのでしょう?

 

義歯・入れ歯 症例1

 

O・Eの原理

O・Eの原理

 

当院での勉強会で先生方に講演させていただいていますが、オホホにするかエヘヘにするかで患者様の治療後のお顔が変わるのです。

ではなぜ?このように変化したのでしょう?




治療前のAの距離と治療後のBの距離が違います。


このA,Bそれぞれの距離を咬合高径(Occlusal vertical dimension)といい、この距離間がポイントとなります。そうすることで患者様の美しい笑顔が保険の入れ歯でも可能になるのです。

 

超精密デンチャー(入れ歯)

ホープレス(永続性の期待できない)歯牙は患者様に理解して頂き抜歯として中途半端にインプラントを埋入せずインプラントのみの咬合とした。結果、とても美しく、まとまりよく、食事だけでなく対人との会話も楽しくなったとのことでした。

 

義歯・入れ歯2 超精密デンチャー(入れ歯)

 

a.術前でしっかりと顎堤(顎と歯ぐき)の診査を行い入れ歯が顎堤にくい込んでも患者様に痛みがないように 0.001mmの単位で調整していきます。そして、b.が完成した超精密入れ歯です。この写真は入れ歯の裏側から撮った写真ですが、a.術前の写真で歯ぐきに業と窪みをつけそれがb.の裏側と一致させることでc.のように上顎がべたっと大きく被われていないので、快適でしっかり咬める入れ歯ができ患者様に喜んで頂いています。

 

義歯・入れ歯2 超精密デンチャー(入れ歯)

 

d.の写真は完成から3年後ですが、現在で13年経過しています。ちなみに、この患者様のご子息は当医院でインプラント治療を受けられ親子共々喜んで頂いています。

 

顎顔面・咬合のトータルバランスを考慮する治療

顎顔面・咬合のトータルバランスを考慮する治療

 

当医院の院長はノーベルバイオケアーの講師や大学病院での講師ということもあり、他医院からの患者様を紹介していただくことも多く、常に最新の技術やマテリアルを患者様や先生方にご提供することが出来 また、今回他院からの強い要請もありホームページの作成において患者様対象だけでなく先生方サイドに対してもホームページを作成するに至り患者様の許可を得て歯科雑誌などの引用ではなく本当のビホー・アフターを掲示させて頂いております。(お口や歯牙だけの写真ではお顔とのバランスなど本当の治療が分かりません)そしてまた、技術的にも大変シビアな症例を扱わせていただいていますので1日の患者数も制限させて頂いておりますのでご迷惑おかけしていますが完全予約制とさせて頂いております。よろしくお願いします。